본문 바로가기

マシンの種類

ジャックポットの幸運が振りかかるスロットマシンのすべて。

카지노 머신이미지

マシンゲームとは?
スロットマシン(Slot Machine)やビデオゲーム(Video Game)の事をいう。

スロットマシンの歴史

コインを入れる投入口という意味のスロット(slot)からネーミングしたスロットマシンは、略してスロット(solt)とも呼ばれている。
最初は一般的にコインを投入して使用する自動販売機の意味を持っていたが、現在ではベンディングマシンという言葉は自動販売機を意味している。
世界初のスロットマシンは、1891年にアメリカのニューヨークでシートマン(Sittman)とピット(Pitt)の二人が共同で開発した「ポーカースロットマシン(poker slot machine)」である。以降スロットマシンの父と呼ばれるチャールズフェイ(Charles Fay)が1894年に「ワンアームド・バンディット(One-Armed Bandit)」という名のマシンを開発し、1898年には現代のスロットマシンの根幹となる「リバティベル(Liberty Bell)」を開発、スロットマシンの技術的土台を完成させた。スロットマシンの歴史の流れを変えた事件は1964年の「ネバダエレクトロニクス(Nevada Electronics)」という会社で最初に電子機器を利用し、「トウェニ・ワンマシン(Twenty-One Machine)」という名のスロットマシンを発表した事である。1975年には「フォーチュンコインカンパニー(Fortune Coin Company)」が「ビデオスロット(Video Slot)」を開発しており、1978年はIGT社に買収されながらもラスベガスを中心に急速に普及した。以後、1982年IGT社は、ビデオプログレッシブ・スロットマシンであるメガバックス(Megabucks)を発売し膨大なジャックポット当選金で多くの利用客を集めた。

マシンの種類

リールマシン (REEL MACHINE)

リールマシン (REEL MACHINE)

リールマシンはコインや紙幣を投入してハンドルまたはボタンを使って機械のリールを回転させ、その結果にしたがって配当表の金額を受け取るスロットマシンの最も基本的なゲーム形態です。

ビデオリールマシン

ビデオリールマシン

ゲーム方式はリールマシンと同じですが、ビデオモニターを通じてゲームを進行します。