본문 바로가기

ハイワンスキー案内

High1 Ski Resort is the one closest to the sky

韓国を代表するワールドクラスの極上スキーリゾート。

スキー&ボードマニアが絶賛する最高の斜面とソルジルを誇るハイワン。
世界的な規模の施設を持つハイワンスキー場は、冬を思いっきり楽しもうというスキーヤーやボーダーたちに、スリルと楽しさをお届けします。

ついにお見せできる
ハイワンスキーの5つの特徴!

初心者のスキーヤーを誘惑する4.2kmのスロープ ハイワンには山の頂が三つあります。 白雲山の裾野、地蔵山の頂上(マウンテン1,345m)とその左右にバレートップ(1,376m)とマウンテンハブ(1250m)があります。
難易度は初心者から、見るだけで足がすくんでしまう国際スキー連盟(FIS)公認の大回転コースまで、幅広く揃っております。
バレーハブから滑り降りてバレーコンドミニアムまで行く道は渓谷コース、最長4.2kmのスロープ(標高差645m)はマウンテントップから滑降してバレーハブを経由し、バレーコンドミニアムまで続きます。ほとんど直線で傾斜もなだらかなので、初心者向けのコースです。
スロープ案内
最高級のリフトシステムとゴンドラ 8人乗りのゴンドラ3基、6人乗りと4人乗りのチェアリフト(高速)6基、そしてTバー(2人乗り 302m)1基のリフトシステム。
リフトやゴンドラの台数は少なめですが、輸送能力は優れております。
リフト区間は最短が1221m、2.5km以上も二つ(ゴンドラ)もあります。
ゴンドラ3基を運営するスキー場は韓国ではハイワンが唯一です。
ゴンドラ / リフト案内
韓国初の障害者スキースクールと国際大会が
開催可能な公認スロープ
ハイワンのキーワードは障害者用スキー場です。ハイワンは障害を持つお客様でも不便なくスキーが楽しめるように設計されました。障害者が便利に利用できる施設にすることで非障害者への配慮も十分になるはずというのが、設計者の考え方です。また、ハイワンスキー場はワールドカップスキー大会が開ける公認スロープを二つ有しており、障害者ワールドカップスキー大会やフリースタイル大会などの各種大会が開ける準備が整っております。また、国内選手限定の特別訓練場もご用意いたしております。 スキー, ボードスクール
より迅速な安全装置! ハイワンスキー場は,急速な構造のため,頂上(マウンテントップ,バレートップ)にパトロールステーションを運営している。スロープの危険地域には、事故防止のために安全警戒所を運営している。,そして緊急時の迅速な構造要求をすることができるように50m間隔で電話番号と350m間隔で現在の位置標識を設置して、便利な構造要求をすることができるようにしました。

また、初心者も山の頂上に登って滑降できるように、なだらかなスロープを作りました。 多くのスキー場が中上級者と初心者のコースを区別していますが、ハイワンは誰もが同じ山の頂上の景色を楽しめるよう工夫をしております。特に、家族全員が離れことなく、いっしょにスキーができるように配慮しました。
HI-ESTパトロールサービス
快適なスキーをお楽しみください リフト券を付けて歩くことも、見せる必要もない、自動認識システム。ハイワンスキー場が韓国で初めて導入した最先端レンズフリー検索台。紙材質の使い捨てRFカード(リフト券)は、ポケットに入れて取り出さなくても所持している事が自動的に認識できます。

施設案内スキーヤー共同(駐車場 3カ所)

시설안내 설명 테이블
駐車場名 位置 駐車可能台数(台) 駐車後移動手段
ハヌル駐車場 バレースキーハウス前 1,626台 徒歩で利用
オンドク駐車場 マウンテンコンドミニオム入路排石付近 1,626台 顧客シャトルバス利用
ハイワンパレスホテル駐車場 ハイワンパレスホテル 1,626台 ゴンドラ利用
ハヌル駐車場 バレースキーハウス前 1,626台 徒歩で利用

コンドミニオム利用客 : コンドミニオム 客室あたり1台割り当て、バレーコンドミニオム駐車場 952台、マウンテンコンドミニオム駐車場446台

ゴンドラ連結宿舎案内予約お問い合わせ 1588-7789